肩の痛み:四十肩五十肩

katatop
 

山口県長門市の長門ファミリーはり・きゅう整骨院は、
四十肩、五十肩や肩の痛みに対しての治療に定評があります。

とくに急に痛みを感じるようになった初期症状の肩の痛みは、治療までの期間が長引けば長引くほど、痛みが緩和したあとの肩が動かしづらいなどの運動障害の可能性が高くなります。

患者さんの肩の筋肉や肩関節の症状、患部の状態に合わせて治療法を変えつつ、より早く、適切な治療を提供しています。

肩の痛みの原因と症状

長門ファミリーはり・きゅう整骨院では、

四十肩/五十肩

スポーツなどによるオーバーユース

肉離れなどによる障害

痛みや動かしにくい、肩を回すことができないなどの可動制限

これらの肩の痛みや不調に対して、肩の痛みに合わせた治療を施します。
 
肩に出る痛みの原因は、筋肉の損傷などによるけがもあれば、思い当たる原因がないにも関わらず、痛みが出る場合もあるのです。
 
kata001とくに四十肩・五十肩は思い当たる原因はないのに、痛みを持つようになり、夜も寝られないほどの痛みを感じる方もいます。

これらの痛みは「肩関節周囲炎」とも呼ばれ、肩関節の筋肉、靭帯などに炎症を持った状態で、痛みで腕が上がらないといった運動障害を伴います。
そして、肩関節を動かしていないと周囲の筋肉の硬直、肩関節の異常、変形といった症状が起こりやすくなる悪循環を招き兼ねません。

当院の治療で得意とするこれらの筋肉や靭帯の損傷を原因とする肩の痛みは、一度治療すると無理をしない限り、すぐに再発することは少ないと考えます。

なんども激しい痛みを繰り返す場合は、石灰性腱炎、変形性肩関節症など、骨やそれをつなぐ腱の断裂等の異常の治療が必要となるため、更なる検査を必要とする場合があります。当院では、診察時に、きちんと確認をして可能な限り、適切判断をします。

このような痛みを抱え、悪化してしまう前に、より軽い症状である筋肉、靭帯の炎症時での早期の治療をすすめています。

当院では、患者さんの痛みや症状に合わせて、一番良い治療法を、ご提案させていただいています。
一人一人の痛みの状態に合わせた丁寧な治療と診断は、長門市だけでなく、下関市、萩市からもわざわざ治療に訪れる方もいらっしゃいます。

長門ファミリーはり・きゅう整骨院の肩の痛み、四十肩、五十肩の治療

診察

kata002まずは、肩の痛みや痛くなってしまった経緯を、触診をしながら、肩関節や肩周辺の筋肉、どのように痛みを感じるかなどを把握します。

ケガの状態を詳細に確認するためにも、痛みや気になる違和感なども遠慮なくお伝えください。
心配な方には、しっかりと痛みの原因やケアをお伝えします。

under治療

●急に痛くなった初期の激しい痛みや安静にしていても肩に痛みがある場合

 激しい肩の痛みの場合、まず痛みが生じている筋肉の「痛み」「炎症」「腫れ」を取り除くことを最優先に治療します。
けがの直後は、肩周辺の筋肉に炎症がある状態ですので、無理に動かしたり、マッサージでほぐすことは痛みを悪化させます。

長門ファミリーはり・きゅう整骨院では、まずは、安静にしつつ、痛みの元となっている炎症をいち早く抑える治療を行います。

※カーテンで仕切られた個室のベッドで治療を行います。女性の方で、首、肩、背中の治療が必要な場合は、着替えを用意しておりますので着替えての治療を受けられます。

超音波治療機

kata003 痛みを生じている肩周辺の筋肉組織に直接、超音波と電気信号を伝える治療法です。

炎症を悪化しないように、筋肉を動かさないように電気を抑え、超音波だけで患部の治療を行う治療法を取り、腫れ、炎症を取り除きます。
痛みを抑える即効性の高い治療が期待できるとともに、治療状況に合わせた治療法を取ることができます。

この治療法は、筋肉、靭帯の腫れによる痛みに強い効果があり、一回で痛みの軽減を実感できます。

●腕が上がらないなどの可動制限や慢性的に肩に痛みがある場合

 
 この場合の多くは、肩の筋肉の炎症のため、周辺の筋肉に異常収縮や硬直が起こっています。コリや硬直により可動制限や痛みを持ってしまった場合は、痛みを感じる肩関節とその周辺の凝り固まった筋肉をほぐし、正常な状態に戻す治療を行います。

超音波治療機・高周波治療器

kata003  超音波と電気信号を同時に肩の痛みを感じる筋肉に与えることで、幹部の炎症の治療をしつつ、周辺の筋肉を無理なく動かすことで、凝り固まった筋肉をほぐします。

 また、痛めた筋肉の周辺の筋肉に硬直が見られる場合は、より広範囲の筋肉に持続的に電気信号を伝える高周波治療器をおすすめする場合もあります。こちらも鎮痛効果の他、筋繊維を弛緩しより、肩の筋肉や靭帯を柔軟に可動域を広げる効果を発揮します。
 

はり・灸治療

kata003  肩の痛みの緩和を目的として、はり・灸治療を用います。
長く頑固な痛みに悩まされている場合、痛みのある周辺の筋肉も硬直してしまっています。そのため血行不良など様々な弊害をもたらして治療期間も長くなってしまいます。

はり、お灸はそんな筋肉の硬直を直接ほぐすと同時に、リンパの流れと血の流れを正常化することで、痛みを軽減します。

これらの治療法は、患者さんの肩の痛みに合わせて、治療経過に合わせた治療を施すことで、完治までの期間をグッと短く再発しにくい治療を受けることができます。

 
これらの痛みは、年齢とともに筋肉の柔軟性や回復力が衰えていくために、起こりやすくなります。必要に応じて筋力アップや柔軟性を取り戻す運動療法をお伝えします。

原因不明の肩の痛みでも、肩の筋肉やスジが原因の痛みの場合、多くの痛みが楽になっており、何度も強い痛みをぶり返すことは少ないです。

何度も痛みが再発しているようでしたら、肩関節の骨の異常を疑い、レントゲン、MRIでの検査を必要とします。診察や治療経過にて、そのような疑いがある場合は、すぐに患者さんに他院での検査をおすすめしていますので、ご安心ください。
肩の痛み、四十肩、五十肩でお悩みの方は、お一人で悩まず、長門ファミリーはり・きゅう整骨院に是非ご相談ください。

山口県長門ファミリーはり・きゅう整骨院にお任せください。

あなたの大切な家族、ご友人、ともに働く同僚が痛みに悩んでいるなら、教えてあげてください。

山口県長門ファミリーはり・きゅう整骨院にお任せください。