スポーツ障害・スポーツ外傷

ねんざ、突き指、打撲の腫れや痛みを短期間で取り除く治療でスポーツを頑張る気持ちを汲み取った治療を行います。スポーツ障害(オーバーユース)やスポーツ外傷(スポーツによる突発的なけが)などの痛みを初期の痛みから対応できる治療でサポートします。

「少しでも、早く治したい」
「大会が近いので、それまでに痛みを取りたい」

長門ファミリーはり・きゅう整骨院の院長の品川も格闘技をしていて、日々けがとの戦いでした。
だからこそ、スポーツ障害や突然のスポーツ外傷でけがをした患者さんの「治りたい!治したい!」という想いは人一倍分かるつもりです。
近くには、長門高校、深川小・中学校があり、仙崎中学校、緑洋高校など運動などでの突発的なけがに対しても、高い治療効果の定評をもらっています。

そんなスポーツに頑張る方の「治したい」という声にひとりでも多くお答えしたいと考え、最善の治療法をご提案いたします。

スポーツ外傷とスポーツ障害とは?

スポーツでのけがは大きく外傷と障害の2つに分けて考えられます。
ねんざ、肉離れなどの突発的なけがと、野球肩、成長痛などの繰り返しの運動をする中で抱えてしまった痛みの2種類です。

いずれも、初期の治療と対応次第で、後々痛みが残る可能性が高いため、より適切で素早い治療を必要とします。

スポーツ外傷とは

足首のねんざ診察長門ファミリーはり・きゅう整骨院スポーツ外傷とは、足首のねんざや手首の捻挫・肉離れ・打撲・突き指などの突発的に起こってしまったけがのことを指します。

運動中に起こる怪我は、筋肉や関節に無理な力がかかることによって、筋肉や靭帯に腫れや断裂をもたらすものが多く、強い痛みと腫れ(炎症)が特徴です。
状態や力の掛かり具合では、骨折や脱臼も考え診断治療を行います。

患部の腫れや炎症が伴う場合は、十分な安静が必要になります。

特に関節部分に多いねんざは日常的に動かす部分なので、腫れや炎症での痛みが強く残り、治りにくい傾向があります。
この筋肉や靭帯の腫れ、炎症に対しての早期の適切な治療は、くり返し運動せざるを得ないスポーツにおいて、けがの再発や悪化を抑えるためには必須ですので、まず、けがをされたら、きちんとした治療を受けてください。

スポーツ障害とは

スポーツ障害の肘治療長門ファミリーはり・きゅう整骨院スポーツ障害は、ひじ、ひざ、肩などの関節に関係する痛みが多く、シンスプリント、成長過程で診られるオスグット病、外脛骨、野球肩、野球ひじ、腰椎分離症、腰椎すべり症、など、使い過ぎいわゆるオーバーユースや成長痛にて引き起こされるけがのことを指します。

スポーツ障害の起こる原因は、身体的、もしくはスポーツ、運動時の環境が影響しています。
いわゆる過度の使いすぎ、筋肉や靭帯が炎症を起こした中で、運動を続けることもいわゆる安全にスポーツを行う環境と言えるのです。
人それぞれ、疲れやすいといった特徴があるように、筋肉や関節などにも特徴があります。その人に合わせたスポーツの頻度というものも必要です。

逆に言えば、予防が可能です。
スポーツ障害の場合、初めは小さな違和感を経て、それが痛みに変わります。くり返しの動作が多いなか、動かしにくい、決まった動きをすると痛みを感じるという場合は、早めに治療を受けることで、痛みを抑え、負担のかからないよう治療することが可能です。

スポーツ障害/スポーツ外傷の治療法

スポーツのけが、痛みで重要なことは、我慢してスポーツを続けることで悪化させないということです。
気持ちの焦りや昂ぶりで痛みを忘れ、運動してしまい結果、痛みが広がってしまうことも珍しくありません。

そのためにも、けがの痛みや安静が必要な炎症、腫れを少しでも早く取り除く治療が重要であると考えます。

長門ファミリーはり・きゅう整骨院のスポーツ外傷、障害治療は、特にけがの初期の腫れ、痛みの治療において即効性のある治療と再発防止に強い治療に定評があります。

超音波治療機

sports005けがの初期の腫れや靭帯の痛みの軽減の治療に効果を発揮する治療法で、プロスポーツの現場でも使用されている即効性に定評のある治療法です。
患部への腫れや炎症が見られる場合は、筋肉を動かさないで超音波のみでの治療をすることで、けがの患部を動かさず、炎症を抑える治療ができます。

【症状】

主にねんざ、突き指、靭帯の損傷、肉離れ、打撲などの初期症状にて、患部に腫れや炎症が見られる場合、また頑固な痛みがある場合に最適な治療法です。

高周波治療機

けがの初期の激しい痛みを伴う腫れや靭帯の痛みが軽減してきた段階で、鎮痛効果のある特殊な電気治療を使用します。
高周波の電気による刺激でけがをした筋肉や靭帯とそれを支える周りの筋肉の硬直をほぐして、本来の柔軟な筋組織を取り戻します。

けがの後の再発を予防も踏まえた治療法です。

【症状】

けがの中期、治療の経緯で、患部の激しい腫れや炎症が落ち着いてきた場合、また周囲の筋肉に痛みによる硬直が見られる場合に用いる治療法です。

テーピング

sports004運動する限り、けがなど弱い部分に負担がかかることは避けられないことがあります。
安静が必要な場合、痛みのある部分をしっかりと支え、余計な力がかからないよう、痛みや炎症を起こしている筋肉をサポートしながら、より早い治癒を目的とした治療法と予防法としてテーピングによる保存治療を用いています。

【症状】

けがの初期段階にて、患部に腫れや炎症が見られる場合に日常生活においての悪化を防ぐため、また予防の場合に用います。

山口県長門ファミリーはり・きゅう整骨院にお任せください。

あなたの大切な家族、ご友人、ともに働く同僚が痛みに悩んでいるなら、教えてあげてください。

山口県長門ファミリーはり・きゅう整骨院にお任せください。